東南アジア特化型
M&Aマッチングプラットフォーム「ドマンダ」
M&Aをもっと身近に、もっとシンプルに。
M&Aマニュアル

【LBOモデル入門】わずか30分でとりあえずLBOモデルを作ってみたい人へ

この記事を読み終えると・・・
  • LBOモデルをわずか30分で0から作れるようになる
  • LBOの基本を体に覚えさせることができる

想定読者
  • LBOモデル作成の良い書籍やサイトが見つからなくて悩んでいる人
  • 複雑なLBOモデルではなく、まずは基本を学びたい人
  • PEファンドに転職したい人

 

LBOモデルわからん。調べても迷宮入りって感じ。
そんなことないよ!この記事を見れば30分で作れるよ
30分??ほんと?来週PEファンドの面接で、モデルテストがあるんだ
「アプリ制作」とか「サイト制作」と同じで、まず簡単なものを作ってみることをオススメするわ。
なるほど。いきなり完璧を目指さないってことね。基本が大切ってことか

また、LBOモデルは複雑にしようとすると、いくらでも複雑にできる。
そのため、いきなりそのモデルから学習をスタートさせてしまうと、

途中で投げ出してしまうことになりかねない。

そこで、この記事では「誰でもLBOモデル(基本)を作れる方法」を解説する。

LBOとは何か?については、下記の記事で詳しく解説しているので、
こちらを読んでからモデル作成に取り組んでほしい。

PL/BS/CFの準備

対象会社の3表(PL/BS/CF)がないと話が進まないので、適当に作ってみる。

数字の色は、下記が基本

色のルール

・ベタ打ち:青色
・シート内参照:黒色
・別シート参照:緑色

3表が絡むモデルを作成する際のコツは、「BSを埋めること」を意識すると良い。

現預金を埋めるには?
売掛金を埋めるには?
シニアローンを埋めるには?

こう考えていくと、勝手にするべきことが見えてくる。

現預金を埋めるには?→キャッシュフロー計算書が必要
売掛金を埋めるには?→運転資本が必要
シニアローンを埋めるには?→借入スケジュールが必要

次って何をすればよかったんだっけ?と迷ったら、
BSを埋めることを意識してほしい。

損益計算書(PL)

貸借対照表(BS)

理由は後で説明するが、2021/3月期のみ右によけておく。

キャッシュフロー計算書

2021/3月期の期末現預金は、BSを参照する。

買収金額計算

まず企業価値を求める。

EBITDAは対象会社のものを使用し、EBITDAマルチプルを適当に入力する。
今回は7倍にした。

企業価値 = EBITDA × EBITDAマルチプル

次に株式価値を求める。

株式価値 = 企業価値 + 現預金 - 有利子負債

これで買収する企業の価格は決まったので、次はのれんを計算する。

のれん計算

のれんは下記の算出式で求める。

のれん = 株式価値 - 純資産

このモデルではIFRSを採用しているためのれんは償却しないが、
日本の会計基準を採用する場合は、のれんを20年以下で償却する形にする。

手数料の計算

LBOには主に2種類の費用が発生する。

①アドバイザリー費用
・LBOを行うにあたり、投資銀行や弁護士に支払うアドバイザリーフィー
・金額は株式価値の3%程度だが、今回は簡略化のため1,000とする。
・一括で支払う


②負債発行費用

・LBOにて借入金を銀行等から調達する際にかかる費用のこと
・金額は借入総額の2%程度だが、今回は簡略化のため1,000とする。
・5年間の定額償却(一旦、負債発行費用は資産化されBSにのるので、「償却」という言葉が使われているが、要は分割払いのイメージ)

負債を発行するための費用だが、借り入れた時点だけでなく、
借入期間すべてにおいて効果が及ぶと考え、借入期間と合わせて償却する。

借入の前提条件

どんなタイプの借入で、どれだけ借りるのかを決める。

今回はシニアローンと劣後ローンで調達することにする。

どれだけ借りるかは、「EBITDAの何倍」で表現されることが多いので、
今回は下記の通りとする。

資金使途・資金調達

上で求めた買収代金(113,872)に加え、手数料や既存の借入を返したりするお金が必要になる。

資金使途は値を引っ張ってくるだけで良い。

当然だが、資金使途の合計(120,872)と資金調達(120,872)の合計は一致させる。

資金調達については、
シニアローンと劣後ローンは借入額が上でやった通り、
決まっているので、合計からシニアローンと劣後ローンの合計額を引くことで、
普通株式による調達額を求める。

実務においては、普通株式とシニアローンで調達できない不足部分を劣後ローンで調達する場合が多い。

この時点のExcelシート(参考)

BSのプロフォーマを埋めていく

2021/03は実績が入っているが、LBOを実施することで、BSが変わる。

2021年4月1日にLBOを実施するとして、2020/03期の期首BSを作成する。

①SPAによる普通株式による調達

上記の通り、普通株式を買うために「60,327」調達するので、
60,327だけ現預金が増え、60,327だけ資本金が増える。

②SPAによる銀行借入による調達

次は借入を反映する。
上で設定した通り、シニアローンと劣後ローンを調達したので、
負債が増え、その分だけ現預金が増える。

③SPAによる対象会社の株式買収

お金は調達したので、対象会社株式を買収する。
キャッシュが減り、子会社株式を購入する形となる。

④SPAと対象会社の合併

投資と資本の相殺消去を行う。
つまり、SPAの持つ子会社株式、対象会社の純資産を相殺し、
その差額がのれんとなる。

⑤既存借入の返済

既存の借入金を返済して、キャッシュが減る

⑥アドバイザリー費用の支払い(費用)

アドバイザリー費用はPL項目なので、
キャッシュが減って、利益剰余金が減る。

⑦負債発行費用(資産)

負債発行費用は、負債を発行するためにかかる費用なので、
借りている間はその効果が及ぶと考え、繰延資産として処理する。

つまり、借入期間の間(5年間)で均等に分けて支払う。

下記のBSを見ると、負債発行費用が1,000から200ずつ減っているのがわかるだろう。

これは、200ずつ負債発行費用を払っているということを意味する。

繰延資産がいまいちわからない方は、
簿記3級で出てくる株式会社を設立したときの「創立費」を思い出してほしい。

借入スケジュール

シニアローンは毎年返済していき、5年で返済することにし、支払利息は12%

一方、劣後ローンは2025/3月期に一括返済することにするので、上記では返済は現れない。利息は8%とする。

設備投資スケジュール

設備投資額は適当に入れてみた。
売上高の何%などで設定する場合もあるが、今回はベタ打ちで入力。

損益計算書

運転資本

キャッシュフロー計算書

EXIT分析

株主構成は最初はファンドが100%だが、対象会社を経営していく中で、
経営者のモチベーションを高めるため、株式を10%与える場合を想定。

IRRは下記の関数を用いて算出する。

期間限定無料:EXCELファイルプレゼント

Excelファイル(LBOモデル)を期間限定で無料で差し上げております。
この記事をFacebookもしくはtwitterにてシェアしていただき、以下の「Excelをダウンロード」からシェアいただいた際のスクリーンショット画像をお送りください!



関連記事