M&Aニュース

【シンガポールM&A】コロナの影響で「株主総会の開催」や「決算書提出」が間に合わない!という担当者へ朗報!

シンガポールの会計企業規制庁(ACRA:アクラ)は、

非上場企業を含む全企業に対して、
「株主総会開催(AGMs)」と「決算書提出(ARs)」の期限を延長すると発表した。

◆ACRA(Accounting and Corporate Regulatory Authority)のアナウンス(原文
◆詳細プレスはこちら

シンガポール企業の株主総会っていつまでにやるの?決算書作成?という方はこちら↓↓

【シンガポールM&Aの教科書】これを読めばシンガポール会社法・クロージング手続きが分かる!

このニュースを理解するための基本的なところを説明すると、

そもそも、シンガポールの会社法には、
決算日から6カ月以内(公開会社は4カ月以内)に株主総会開催しなければならず、
株主総会から1ヵ月以内にACRAへ決算書を提出しなければならないと定められている。

勿論、それがルールなので、守れないと罰金

どうしても守れないという場合、事前に申請すれば最大2か月は延長してもらうことは可能

それでは本題に移ろう。

今回、新型コロナウイルスの感染拡大により、
「企業はそれどころではないでしょ」ということで、株主総会の開催と決算書提出の期限を延長したのだ。

内容としてまとめると下記の通り。

【株主総会の開催期限】

もともとの株主総会開催期限 措置
4月1日~4月15日の企業 60日間の延期を認める
(期限過ぎてても罰金なし)
4月16日~7月31日の企業 60日間の延期を認める
8月以降の企業 状況みて判断


【決算書の提出期限】

決算書の提出は、株主総会開催から1か月後までなので、
上の表に「1か月プラス」するだけなのだが、念のため記載しておく

もともとの決算書提出期限 措置
5月1日~5月15日の企業 60日間の延期を認める
5月16日~8月31日の企業
9月以降の企業 状況みて判断

まとめると、「5月1日~8月31日」に決算書の提出期限を迎える企業は、
60日間の延長を認めるということだ。

【原文抜粋】

上でも説明した通り、通常、開催期限及び提出期限の延長は、
ACRAに事前に申請しないといけないが、

今回に限り、自動延長となるため、企業による申請は不要とのこと

また、既に延長申請をした結果として、
上記の期間に開催または提出をしないといけなくなっていた企業も対象となる。

まぁ当たり前

具体的にいうと、もともと2月中に株主総会を開催しないといけない企業で、
通常の事前申請ルールに基づき、最大2か月延長した結果、4月中に開催期限を迎える企業も、今回の延長の対象になるということだ。

つまり、ダブル延長になる

このあたりも、シンガポールの会社法を理解していないと、
いまいち意味を理解できないと思うので、事前に下記の記事を確認してほしい

【シンガポールM&Aの教科書】これを読めばシンガポール会社法・クロージング手続きが分かる!

東南アジアM&A案件をお探しの方へ

クロスボーダーM&Aプラットフォーム「ドマンダ」では、様々な東南アジア案件をご紹介させて頂いております。

国内のM&A・事業承継案件とは異なり
東南アジアの優良案件情報は、限られたコミュニティの中でのみやり取りされることが多く、独自のネットワーク(人脈)があって初めて入手可能な情報となります。

また、先進国でのM&Aのように、プロセスが機械的に進むケースは稀であり、先方と密なコミュニケーションを取りながら、情報開示やインタビュー設定等のリクエストを実施することで、先方の売却準備を促すことも重要なプロセスとなります。

以上より、東南アジアのクロスボーダー案件に精通した現地のM&Aアドバイザーとの接点を持つことが重要であると考えております。

24時間いつでも案件のご相談をお受けしておりますので、
クロスボーダー東南アジアM&Aをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

この案件についてお問い合わせ