M&A漫画

【ドマンガ】ベトナムM&A:公開買付規則とは?

【ベトナムM&A:公開買付(TOB)】

ベトナムの証券法には、下記の公開買付規則が定められている。

①自らまたはその関係者と併せて、公開会社の発行済株式総数の25%以上を取得しようとする取引
②自らまたはその関係者と併せて、公開会社の発行済株式総数の25%以上を保有するものが、追加で10%以上の株式を取得しようとする取引
③自らまたはその関係者と併せて、公開会社の発行済株式総数の25%以上を保有するものが、直前に実施された公開買付けの完了日から1年未満の間にさらに5%以上10%未満を取得しようとする取引

なお、対象会社の株主総会の普通決議(出席株主の議決権総数の51%以上の賛成)により承認されている場合、公開買付けは不要

東南アジアM&A案件をお探しの方へ

クロスボーダーM&Aプラットフォーム「ドマンダ」では、様々な東南アジア案件をご紹介させて頂いております。

国内のM&A・事業承継案件とは異なり
東南アジアの優良案件情報は、限られたコミュニティの中でのみやり取りされることが多く、独自のネットワーク(人脈)があって初めて入手可能な情報となります。

また、先進国でのM&Aのように、プロセスが機械的に進むケースは稀であり、先方と密なコミュニケーションを取りながら、情報開示やインタビュー設定等のリクエストを実施することで、先方の売却準備を促すことも重要なプロセスとなります。

以上より、東南アジアのクロスボーダー案件に精通した現地のM&Aアドバイザーとの接点を持つことが重要であると考えております。

24時間いつでも案件のご相談をお受けしておりますので、
クロスボーダー東南アジアM&Aをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この案件についてお問い合わせ