東南アジア特化型
M&Aマッチングプラットフォーム「ドマンダ」
M&Aをもっと身近に、もっとシンプルに。
M&Aマニュアル

【令和2年最新版】東南アジアのM&A売却ニーズ分析結果を大公開! 買い手募集中の売却案件を徹底分析 | 東南アジア特化型 M&A マッチングプラットフォーム「ドマンダ」

~買い手募集中から見える東南アジアの売却ニーズ分析結果~

東南アジア特化型M&Aマッチングプラットフォーム「ドマンダ」を運営する株式会社DoMandA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松本浩伸)(https://domanda.jp/)は、直近1年間で入手した東南アジアのM&A売却案件に関するデータを分析し、国及び業種ごとの売却ニーズについて纏めました。

売却案件の国別割合

株式会社レコフのクロスボーダーM&Aマーケット情報によると、昨年2019年で日本企業によるシンガポール企業の買収は64件(ASEAN諸国で第1位)、ベトナム企業の買収は33件(ASEAN諸国で第2位)と、ASEAN全体の買収案件数138件の半数近くをシンガポール及びベトナムが占めているという状況です。また、2018年から2019年にかけ、日本企業によるベトナム企業の買収件数は150%以上で成長しており、実際、ベトナムM&Aに関する日本企業からの問い合わせは確実に増加しており、実務上、肌感覚として感じていた日本企業によるベトナムM&Aへの関心の高まりがデータからも伺えます。

一方、当社が直近1年間で入手した売却案件についても、ベトナム案件が最多の47%であり、シンガポール案件数を5%ほど上回っております。

この背景には、近年の日本企業によるベトナム企業のM&A案件の増加により、「A社の〇〇さん、日本企業に10億円で売却したらしいよ」とエグジット情報がクローズドコミュニティ内で広まり、それに感化されたオーナーが「うちの会社も売却できるかもしれない!」と売却を進めるケースが雪だるま式に増えているという理由が考えられます。

【詳細データ】

国名 割合
ベトナム 47.0%
シンガポール 41.9%
インドネシア 3.4%
バングラデシュ 2.6%
マレーシア 2.6%
香港 1.7%
カンボジア 0.9%

 

売却案件の業界別割合(東南アジア)

東南アジア全体で見ると、プラスチック部品やステンレス版、原紙、プリント基板などの製造業が21%と最も高く、菓子やコーヒーチェーン、アルコール卸などの食品・飲料関係が18%となっております。

また、ベトナムとシンガポールの違いという点でいうと、ベトナムは製造、食品・飲料関係が多く、シンガポールでは建設、建物管理(ファシリティマネジメント)、取付工事(M&E等)関連が多いという特徴がございます。

【詳細データ】

業界 割合
製造 20.5%
食品・飲料 17.9%
サービス 9.4%
建物管理 6.0%
取付工事 6.0%
医療・医薬品 5.1%
建設 5.1%
レストラン 4.3%
運送 4.3%
建築設計デザイン 3.4%
建築部品 3.4%
商社 2.6%
システムインテグレーター 2.6%
再生エネルギー 2.6%
教育 1.7%
建設部品 1.7%
車・バイク 1.7%
証券会社 0.9%
不動産 0.9%
合計 100.0%

 

売却案件の業界別割合(ベトナム)

業界 割合
製造 23.6%
食品・飲料 20.0%
サービス 12.7%
医療・医薬品 7.3%
取付工事 5.5%
再生エネルギー 5.5%
建物管理 3.6%
建設 3.6%
レストラン 3.6%
運送 3.6%
建築設計デザイン 1.8%
商社 1.8%
教育 1.8%
車・バイク 1.8%
証券会社 1.8%
不動産 1.8%
システムインテグレーション
建設部品
廃棄物
合計 100.0%

売却案件の業界別割合(シンガポール)

業界 割合
食品・飲料 16.3%
製造 12.2%
建物管理 10.2%
取付工事 8.2%
建設 8.2%
建設部品 8.2%
サービス 6.1%
建築設計デザイン 6.1%
システムインテグレーター 6.1%
医療・医薬品 4.1%
レストラン 4.1%
運送 4.1%
商社 2.0%
教育 2.0%
教育 2.0%
建設部品
車・バイク
証券会社
不動産
合計 100.0%

東南アジアM&A案件をお探しの方へ

クロスボーダーM&Aプラットフォーム「ドマンダ」では、様々な東南アジア案件をご紹介させて頂いております。

国内のM&A・事業承継案件とは異なり
東南アジアの優良案件情報は、限られたコミュニティの中でのみやり取りされることが多く、独自のネットワーク(人脈)があって初めて入手可能な情報となります。

また、先進国でのM&Aのように、プロセスが機械的に進むケースは稀であり、先方と密なコミュニケーションを取りながら、情報開示やインタビュー設定等のリクエストを実施することで、先方の売却準備を促すことも重要なプロセスとなります。

以上より、東南アジアのクロスボーダー案件に精通した現地のM&Aアドバイザーとの接点を持つことが重要であると考えております。

24時間いつでも案件のご相談をお受けしておりますので、
クロスボーダー東南アジアM&Aをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



関連記事