東南アジア特化型
M&Aマッチングプラットフォーム「ドマンダ」
M&Aをもっと身近に、もっとシンプルに。
M&Aマニュアル

東南アジアM&Aで用いる資料依頼リスト【サンプル雛形】

実際の実務で使用している資料依頼リスト(雛形サンプル)を下記に記載しました。
勿論、案件に応じて修正は必要ですが、雛形としては網羅性のあるリストとなっております。

重要度 I. 【基礎的事項】
A 1. 定款
B 2. 商業登記簿謄本
A 3. 組織図
A 4. 拠点リスト
A 5. 資本関係図(連結子会社以外も含む)
A 6. 関係会社及び関連当事者(株主/子会社/兄弟会社等)との取引一覧表
B 7. 社内規定一覧及び社内規則
A 8. 主要会議体一覧
A 9. 取締役会・株主総会・監査役会及び経営会議議事録
B 10. 利用している会計システム・ソフトの概要
II. 【ビジネスに関する事項】
B 1. 商流図
A 2. 事業計画(投資計画/人員計画/バックデータを含む)
A 3. 事業別PL
A 4. 商品別売上高実績
A 5. 投資実績詳細
A 6. 予算・実績の達成分析資料
A 7. 各工場の稼働率が分かる資料
A 8. 市場環境に関する分析資料(あれば)
III.【財務・税務に関する事項】
 A 1. 事業報告書(附属明細、個別注記表を含む)
A 2. 売上原価明細及び販管費明細
A 3. 勘定科目明細
A 4. 月次試算表
A 5. 連結精算表及び連結仕訳一覧
B 6. 資金繰り表
B 7. 売上債権に関わる年齢表
B 8. 商品在庫一覧表
B 9. 滞留在庫一覧表
B 10. 主要顧客リスト
B 11. 主要仕入先リスト
B 12. 引当金の計算根拠資料(退職給付/貸倒/その他)
B 13. 固定資産台帳(無形固定資産も含む)
B 14. 借入金明細及び金銭消費賃借契約
A 15. 税務申告書一式(法人税、消費税、事業税、住民税)
B 16. 税務当局からの指摘内容一覧、税務調査結果に関する資料
B 17. 繰延税金資産・負債の内訳
B 18. 他者に行っている保証(保証類似行為を含む)の一覧表
A 19. 監査法人からのマネジメントレター
A 20. 内部監査報告書
IV. 【法務に関する事項】
A 新株予約権の内容と保有者リスト
A 役員や株主との契約書(あれば)
A 主要な販売先及び仕入先との契約書
A 業務に関する契約書(業務提携契約、共同研究開発契約等)
B 不動産一覧及び不動産賃貸借契約
B リース資産一覧及びリース契約
A クレーム・訴訟一覧
B 許認可及び知的財産権の一覧表
A 環境問題に関する官公庁からの通知、報告、連絡等(あれば)
A 上記の他に、重要と認識している契約書(あれば)
V. 人事に関する事項
A 雇用形態/組織別従業員リスト
B 採用人数及び退職者人数
B 雇用契約雛形
B 人事関連規則
B 人材育成・教育・採用に関する方針が確認できる資料
B 給与台帳(賞与含む)
A 労働関係の訴訟リスト(潜在的な事項を含む)
A 監督官庁からの指導・勧告・命令の一覧と対応状況(あれば)

東南アジアM&A案件をお探しの方へ

クロスボーダーM&Aプラットフォーム「ドマンダ」では、様々な東南アジア案件をご紹介させて頂いております。

国内のM&A・事業承継案件とは異なり
東南アジアの優良案件情報は、限られたコミュニティの中でのみやり取りされることが多く、独自のネットワーク(人脈)があって初めて入手可能な情報となります。

また、先進国でのM&Aのように、プロセスが機械的に進むケースは稀であり、先方と密なコミュニケーションを取りながら、情報開示やインタビュー設定等のリクエストを実施することで、先方の売却準備を促すことも重要なプロセスとなります。

以上より、東南アジアのクロスボーダー案件に精通した現地のM&Aアドバイザーとの接点を持つことが重要であると考えております。

24時間いつでも案件のご相談をお受けしておりますので、
クロスボーダー東南アジアM&Aをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



関連記事