東南アジア特化型
M&Aマッチングプラットフォーム「ドマンダ」
M&Aをもっと身近に、もっとシンプルに。
M&Aマニュアル

アーンアウト~業績目標の達成指標~

業績指標については可能な限りシンプルにすべきであり、両社の主張が重なると結果として複雑な指標になるが、実際の支払時に紛争になるケースも少なくなく、共同運営を行っていく以上、客観的でシンプルな指標が望ましい

売上高 利益(EBITDA等)
経済合理性 利益率を考慮せず、売上高に応じて支払いを行うことにより、過大評価につながる 利益に応じて支払いを行うことは経済的にみて合理的
恣意性 売上高は中身を詳細に確認できるため、恣意性のある取引を判別しやすい 利益は構成要素が多く、恣意性のある取引を判別することは困難
手続きの煩雑さ 売上高は構成要素が少なく、手続きもシンプル 利益は構成要素が多いため、毎年目標を達成しているか否かを売り手と交渉の上、判定していく手続きは煩雑になるケースが多い(第三者評価機関として会計士を雇う場合もある)
売り手との関係性 利益に比べ論点が少なく、買収後も良好な関係を構築しやすい 利益を構成する要素が多いため、争いの火種になり得る要素が多い

コスト配賦方法の変更、人員の配置変更、日本からの人員派遣など、貴社の傘下に入ることにより新たに発生する費用は争点になる



関連記事